鴨頭嘉人の評判はいかに、元マクドナルド店長で年収はいくら?

鴨頭嘉人の経歴や出身大学は?元マクドナルドのYouTuber?

鴨頭嘉人さんは1966年12月23日に愛媛県で生まれました。現在の年齢は52歳で、結婚もしており子供も2人いるそうです。鴨頭嘉人さんの出身大学ですが、鴨頭嘉人さんは大学を卒業されていません。出身高校は今治西高校ですが、そこから大学進学のために上京したところマクドナルドと出会い、アルバイトとして入社しその後正社員として登用されました。そのため大学は中退しており、またどこの大学かも公表していませんでした。こちらはそんな鴨頭嘉人さんのマクドナルド就職後の経歴になります。
 
 
高校を卒業後の19歳で日本マクドナルド株式会社にアルバイトとして入社されたようですね。そのご4年間のアルバイト生活の後に23歳の時に正式に社員として日本マクドナルドに入社されたということですね。さらには、30歳のころ7年後ですね、店長に昇進できたそうです。
32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、 お客様満足度日本一、従業員満足度日本一、 セールス伸び率日本一達成して表彰までされるということですね。その後も最優秀コンサルタントなどの賞や、米国プレジデントアワード。 米国サークルオブエクセレンスと国内のみならずワールドワイドの表彰も 全て受賞する功績を残す。2010年に独立起業し株式会社ハッピーマイレージカンパニー設立(現:株式会社東京カモガシラランド)。2012年9月3日よりYouTubeにて炎の講演家 鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)を開始。現在は人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社とクラウドファンディング社も運営。著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に11冊(海外2冊)の書籍を出版する作家としても活躍。

さらには「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTubeの映像は1日10万時間以上再生され、

総再生回数は7100万回を超す、日本一のYouTube講演家として活躍されていますね。

引用:鴨頭 嘉人プロフィール

 

鴨頭嘉人は日本のおいてとれる賞は全部とっているみたいですね。アメリカにおいて表彰されたことがある日本人は鴨頭だけなんだそうですね。
なんとアメリカで表彰された写真は鴨頭嘉人さんだけと言われています。
19歳から43歳までの24年間勤めてきた鴨頭嘉人さんは、自称「日本一のマックバカ」と名乗りこのような本を出版しています。

 

なんと鴨頭は甲子園球児だった

鴨頭嘉人の出身高校は愛媛県立今治西高等学校を卒業しているということですね。

高校野球の常連高として有名なので高校野球のファンの人なら良く知っているのではないでしょうか?

 

 

今治西高校は甲子園の常連校として、高校野球ファンなら知っている方も多いのではないでしょうか?

甲子園出場は春夏合わせて27回出場し、甲子園通算34勝もしている強豪校なんです。

鴨頭嘉人さんは、高校3年の時にキャプテンを努め春の選抜大会(1983年/昭和58年)に出場しています。

甲子園常連校の今治西高校でキャプテンをしていたなんて、さぞかし高校時代は輝かしい日々だったと思いますよね。

だけど、そうじゃなかったようです。

今治西高校野球部キャプテンに任命されたものの、補欠で出場機会はあまりなかったようです。

キャプテンになるくらいだから実力や周りからの信頼はあったと思うのですが、鴨頭嘉人さんは常に劣等感を抱いていたみたいですね。

 

なんとお兄さんも野球をやっていたんだということなんですね。そのお兄さんがプロなみの腕前を持っていたということなんですね。しかも今治の高校の野球部で活躍していたということでプロからもスカウトがくるほどの腕前を持っていたということなんですね。

それだけすごい腕前の持ち主であったということなんですね。そんなお兄さんに比べられて

いつも劣等感を感じていたということなんですね。

コンプレックスのある人が起業で成功しやすいとかいいますけれど、まさに

それが鴨頭さんなんですね。

甲子園にいけるとかいうくらいだから野球ではエリートといってもいいと思いますけどね、本人は挫折してしまったと思うほうなんですね。

人によって見方が変わってしまうのですかね。

 

鴨頭嘉人の出身大学はどこ?

マクドナルドで店長として仕事していた鴨頭嘉人さんは挫折や失敗を繰り返し、「承認」の心が芽生えたと話しています。

 

そんな挫折や失敗、そこから学んだ大切なことをこの本に詰め込み2012年9月18日に出版しました。

書籍の出版や講演会を繰り返して大物YouTuberとして世間で名を馳せるのです。

 

す。

2013年 話し方の学校設立2015年 インターネットショップ東京カモガシラマート設立2016年 かも出版設立2016年 ビジネス実践宿を設立

2017年 店長力アップ研修開校

2017年 株式会社鴨頭シーパラダイス設立

2017年 株式会社カモガシラ・スタジオ・ジャパン設立

2018年 プロ講師の学校設立

 

様々な活動をしていて、講演の内容も面白いと評判の鴨頭嘉人さんはとにかくパワフルで人を惹きつける魅力があるようです。

 

そんな鴨頭嘉人さんの評判は良いものもあれば

「怪しい宗教に勧誘される」

「アムウェイに勧誘される」

「洗脳される」

などマイナスイメージの評判もあります。

 

果たしてそんなことがあるのかどうか真相を調べてみました。

 

鴨頭嘉人の倫理法人会ってどんなところ,はっきり言って宗教なの?

鴨頭嘉人が怪しいといって疑われる理由の一つなんですけど、彼は倫理法人会というものに入っているんですね。
倫理法人会って怪しげな感じですね、元PL教団の幹部が立ち上げたらしいですけど、元宗教家がたちあげたんだから怪しいのは仕方ないですね。
「倫理法人会」とは宗教団体のように一見すると見えますが、実際は一般社団法人で税金も納めているので、宗教団体とはまた別のものになります。倫理法人会は全国6万7千社の会員企業が倫理を保った経営を学ぶための組織になり「企業に倫理を、職場に心を、家族に愛を」をスローガンに活動をしています。日本国内だけでなく海外にまでその活動を広げ、経営者や会社員に対してセミナーや勉強会など倫理について広めているのです。1945年9月3日に丸山敏雄により倫理運動を創始し、倫理活動が始まりました。その後、1946年に新世文化研究所が設立され、1951年には社団法人倫理研究所と改称して1980年から倫理法人会としての活動が始まったのです。数々の活動を繰り返して2013年には一般社団法人として移行しました。「倫理とはなにか」を研究し、それを世間に広めるための活動をしています。毎週1回朝6時から勉強会を実施してモーニングセミナーや各種倫理について学ぶために勉強会を行っている団体なのです。そのため、鴨頭嘉人さんは倫理法人会の相談役として所属していますが、倫理を学ぶための団体であって宗教団体とはまた別になります。

怪しいのは倫理法人会に所属しているから?


続いて宗教的な観点ではどうでしょうか?
鴨頭さんの講演を見ていると、みるからに怪しいといった印象をうけるひとが初回は多いみたいです。異様に大きな声量だったりキャラクターも濃いことも影響しているのでしょうか。また鴨頭さんが所属している倫理法人会も影響しているようです。倫理法人会とは宗教団体とよく誤解されることでもことが多いのですが、実際には一般社団法人であり税金も納めているので宗教団体とは在り方が異なるものです。ただし考え方や講演で披露されている教えなどの意味合いとしては宗教に近い精神論を唱えることも多いため、このようなくくりとして同様にみられるケースもあるのではないかと思います。結局ネット上では色んな声があるもののアムウェイや宗教との直接的な関係は全く見つかりませんでした。 

鴨頭嘉人の年収はいくら?講演会料やオンラインサロンの収入がすごい?

鴨頭のセミナーのギャラはなんと一回で200万円ともいわれていますね。しかもそれに交通費や宿泊

費も足してくるらしいです。なんと一回でです、おもったよりもボッタくりなんですね。

 

コラボ講演講師料 200万円(税別)+交通宿泊費

・150分を超える研修 240万円(税別)+交通宿泊費(実施例)半日研修、勉強会(コンサルティング)+ 講演・300分を超える研修 240万円(税別)〜応相談 +交通宿泊費(実施例)1日研修、勉強会(コンサルティング)+ 半日研修

引用:鴨頭嘉人プロフィール

鴨頭嘉人さんの公式ホームページに料金の記載はありましたが、残念ながら値引きはしていないとの注意書きがありました。講演会を始めた当初は2時間半で5千円程度だったそうですが、実力と実績が人気につながりここまでの講演料となったのでしょう。 

単純に計算して、1回200万円の講演が月に10本あったとしても月収2,000万円になります。

それが12ヶ月あれば2億4千万円です。

 

講演の活動を始めてから4年目で年間330講演実施しているというのですから、それを単純計算しても6億円は収入として入っているという計算になります。

 

講演履歴を調べてみると、NTTドコモ、ベネッセコーポレーション、日本郵便など、有名大企業の名前も多くありました。

さらには、マクドナルド時代の競合他社であったバーガーキングからも依頼があるみたいです。

 

また、鴨頭嘉人さんの「オンラインサロン鴨Tube研究所」というものもあり、こちらは会員制コミュニティになります。

鴨頭嘉人さんのYouTubeを見て自分が現場でやってみたいことをチャレンジして、その結果などをFacebookのグループページに投稿してみんなと語らう場所なのです。

 

会員数も1,262人(2019年6月時点)とかなり多く所属しているのだから人気ですよね。

そんな鴨頭嘉人さんのオンラインサロンの月々の会費は3,000円なので、月378万円(1,262人×3,000円)ほどの収入があることになります。

それが12ヶ月であれば、オンラインサロンの月会費だけで年収4,536万円になるのです。

 

そのため講演会やオンラインサロン、YouTubeからの収入を合わせると、年収億越えは確実と予想できます。

その他にもYouTuberとしての収入や書籍の印税など様々な収入があるので、凡人には想像できないほどの大金持ちであることは間違いないです。

 

鴨頭嘉人さんの公式ホームページでは、会社を立ち上げたときは人脈ゼロ・資金もゼロ・半年間仕事ゼロの無収入だったそうですね、本当に大変だったということがわかりますね。

そこから考えれば素晴らしい実績ということが分かりますよね。

マクドを辞めてしまってからの鴨頭はなんともいえないほど金儲けにハマッテしまってるんですね、そこまでするほどの金に執着があるんでしょうかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です